日本政策金融公庫の審査が厳しいって本当?←【噂】

日本政策金融公庫の審査が厳しいって本当?←【噂】

日本政策金融公庫の審査が厳しいって本当?←【噂】

日本政策金融公庫の審査が厳しいっていうのは本当です。

 

日本政策金融公庫の面談の対応と審査

 

日本政策金融公庫の融資を受ける前には面談(面接)が求められます。
必要書類の準備が良くできていたとしても、面談の際に、その書類をうまく説明ができないと受けられないことになります。
自社の概要を説明するだけでなく、事業計画の数値の根拠を、理路整然かつ詳細に説明をしていただく必要があります。
理路整然と説明できないようでは、『本当に大丈夫なのか?』という不安を与えることになります。
ですから、「わかりやすく」を基本に説明をしていただくことがポイントとなります。

 

面談後には、日本政策金融公庫の支店内での審査となります。
面接が行なわれた後、支店内で融資を行なうかどうかの決定がなされます。
受けられるかどうかは、提出した書類の内容および面談の結果を通じて、「返済できるかどうかの確実性」を確認されます。

 

審査においては、「書類」と「面談」がとても重要だということです。
支店内での決定となれば、いよいよ契約後、融資の実行となります。
面談時の心構えとしては、他人任せでは無く自らの気持ちを込めた書類の説明をすること、融資を受けることへの熱意・会社の経営に対する熱意・事業計画達成への自信なども 融資を受ける上でのポイントとなります。

トップへ戻る